全てにおいて自分次第

アプリ開発を行うフリーランスエンジニアにとってのメリットは、なんといっても在宅勤務が可能なことでしょう。仕事は成果主義のため、納期さえ間に合わせればスケジュールは自分自身で立てることができます。

たとえば、子どもを持ちどうしても家を離れられないママさんプログラマーもいますよね。そんな人は、育児や家事と仕事を見事に両立させることができるわけです。仕事の成果の提出は、インターネットを経由して行うことが多いので、家を空けられるのであれば、自分の好きなカフェなどで仕事をすることもできるわけです。

また、自分の能力に合わせて自由に仕事を選べるのもメリットといえそうです。さらには、会社に出勤するわけではないので、家で1人で仕事に専念ができ、煩わしい人間関係のトラブルに巻き込まれることもありません。

しかし、フリーランスになると良いことばかりではありません。アプリ開発の環境は常に進化を続けています。その進化について行くためには、自分自身で独学をしなければなりません。また、上司がいないので自分の管理は自分自身で行わなければならないのもデメリットといえるでしょう。仕事を自由に選べる分、自分の体力や気力にあわせた仕事量にコントロールしなければならないのです。

また、毎月の仕事量が一定なわけではありません。そのため、収入面で安定しづらいというデメリットもあります。稼ごうと思えばいくらでも稼げそうなフリーランスですが、熱意を失った瞬間に仕事量も減り、メリットとデメリットはトレードオフといえます。