需要が高まるアプリ開発エンジニアの実情

スマートフォンが広く普及したことにより、アプリ開発という仕事の需要は増加の一途をたどっています。新規企業は一山を当てるため、既存企業は更なる事業拡大を狙ってなど、そのニーズは特定の分野に留まるところを知りません。

しかし、一つのアプリ開発には様々な課題が付きまといます。「優れた企画があるけれど、アプリを作り上げる技術がない」ということもあれば、「アプリを作ったことはあるけれど、ユーザー数を伸ばすことができなかった」ということもあります。このような悩みや課題に直面しているケースは珍しくなく、結果的にフリーランスエンジニアの存在が非常に重要になってくるのです。

IT業界には様々なスキル・経験を有したフリーランスエンジニアがいるため、自分の直面している課題を解決してくれる人材を探し出すことは難しくありません。特に開発経験がある人は、具体的にどのようなアプリを手掛けたのかを明白にすることで、その技術を求めている企画者とマッチングすることが叶うでしょう。

また、アプリの系統にもよりますが、稼働した後でアップデートやバグ対応を頻繁にする仕事もあれば、リリース後はほとんどノータッチになることもあります。つまり、アプリ開発仕事の期間は幅が広いため、正社員として固定で雇いづらい傾向にあります。このため、「自分は三ヶ月だけ参加したい」「長い間携わりたい」という個々の希望を持つフリーランスエンジニアの存在は、開発を手掛ける上で欠かせないのです。